EV

1: おめがの名無し おめがの名無し 2022/07/21(木) 17:45:37.71 ID:c180pHvx0
中国BYD、日本で乗用EV投入へ 中韓勢が相次ぎ参入

中国電気自動車(EV)大手の比亜迪(BYD)は21日、2023年に日本の乗用車市場に本格参入すると発表した。中国でも売れ筋の多目的スポーツ車(SUV)など3車種をまず投入する。
これまでEVバスで日本市場での足場を築いてきたが、日本メーカーのEV投入が遅れるなか、乗用車での市場開拓も可能だと判断した。成長が見込まれるEV市場で中韓メーカーが相次ぎ日本に上陸する。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC210IE0R20C22A7000000/

  【中国BYD「日本メーカーはEV投入が遅れてるなぁ…せや!日本に参入してシェア奪ったろ!w」】の続きを読む

1: おめがの名無し おめがの名無し 2022/06/28(火) 20:11:31.23 ID:j4WwouFc0
この国終わってんな

【【悲報】トヨタ社長「ハイブリッド車も電動車の定義に加えろ」と圧力、政府がHVも電動車に定義】の続きを読む

1: おめがの名無し おめがの名無し 2022/06/19(日) 17:19:08.77 ID:PxEtQiBp0
「600kmも1000kmも走る電気自動車(EV)を誰が買うのか。1日で100km程度走れれば十分だ」――。日本電産会長の永守重信氏が、EVにおける航続距離の競争や、それに伴いEVの価格が高くなっていることに苦言を呈した。
https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/13109/

永守氏は「車両価格は200万~300万円でも高い」と主張する。中国・上汽通用五菱汽車が同国で約50万円で販売し、大ヒットした格安EV「宏光MINI EV」を例に挙げ「EVは安く造れる」(同氏)と強調した。

 日本電産社長の関潤氏は「金銭的に余裕があるユーザーは、充電などの不便さを嫌がる。今は、自動車メーカーがこうしたユーザーに向けてEVを造っているから、価格が高い」と分析する(図3)。そのうえで、関氏は「日常的なクルマ使いにおいて、9割以上のユーザーの平均運転距離が30km未満」とのデータを示し、今後は「航続距離が短くても、価格の安いEVを欲しがるユーザーが出てくる」と見通しを語った。


no title

【【悲報】日本電産社長「EVは航続距離100kmで充分」 ネット民発狂www】の続きを読む

1: おめがの名無し おめがの名無し 2022/04/03(日) 17:55:51.35 ID:KEJqecnr0
やばすぎやろ

【【悲報】トヨタ、EV推進派の英国に対し逆ギレ。生産停止すると運輸大臣を恫喝】の続きを読む

1: おめがの名無し おめがの名無し 2022/03/03(木) 02:29:54.32 ID:L3Z7PQdg0
世界の最新EVは250kWの充電まで許容してるのに、日本の技術遅れすぎて笑う

なお更に言うと日本のスタンドはカタログスペックで、実際に充電した人が20kWや30kWまで速度低下しているという声が大量に上がってる模様

【【悲報】ヨーロッパの急速充電スタンド→350kW出力、日本の最新スタンド→90kW】の続きを読む

このページのトップヘ